製菓専門学校でスキルを身につけよう

将来パティシエになりたいと考えている方の多くが、製菓専門学校に通っています。現在、洋菓子について学ぶ学校は全国に100近くあり規模や学習内容も様々です。
しかし、実践的な内容がメインとなる実習と理論を体系的に学べる講義がカリキュラムはどこの製菓専門学校でも行っており共通して学ぶことが出来るスキルです。
独学でも良いのではないかと感じる人もいるかもしれませんが、一流の講師から技術や知識を学べたり、有名店で研修できる機会もあるので学校に通うことをおすすめします。

製菓専門学校で学べるスキルとは?

製菓専門学校で学べるスキルとは? 製菓専門学校で身につけられることとしてまず挙げられるのが、製菓実習を通して洋菓子の基本となるフランス菓子など多種多様なお菓子づくりの基本を学ぶ実習です。基本からしっかりと学んでいき、卒業する頃にはある程度のスキルを身につけることが出来ます。
続いてはパスィテリーという小麦粉を使ったケーキやクッキーを作る実習を行い、クリームを絞って飾るパイピングなどのデコレーション技術も高めます。このような技術面を高めていくために、まずはお菓子づくりの知識が必要になります。
製菓専門学校は、様々なお菓子の歴史やレシピの分析、材料や道具に関する知識や技術の裏付けとなる理論を学ぶ製菓理論や、食中毒について傷んだ食品の見分け方や保存法など飲食業に必要な衛生知識を学ぶ食品衛生学などが挙げられます。

製菓専門学校は1日何時間程学習する?

製菓専門学校は1日何時間程学習する? 文部科学省が認定する専修学校の製菓専門学校では、専門誌の資格を取得する場合の取得単位を2年間に62単位、総授業数にして1,700時間とされています。そのため、一般的におこなわれる製菓専門学校での授業時間が何時間になるかを考えると、1日7~8時間程度です。
ほとんどの学校は、9時前後から授業が始まり17時前後に終了するタイムスケジュールでおこなわれています。イメージとしては、高校などの授業と同じような時間割になるので、あまり不安に思うことはないでしょう。1コマ90~100分の授業を1日に4コマ受講するカリキュラムが一般的です。実習などの授業の場合は、2コマ連続で受講することもあります。
どちらかというと1年次は、基礎的な技術や基礎学習などが中心となるので座学の時間数の割合が2年次に比べ高いといえます。2年次からは、実践的な実習事業が増えていきます。
製菓専門学校では、製菓のプロフェッショナルとして活躍できるよう様々な授業がおこなわれます。技術だけでなく様々な知識の習得は、将来のために必ず役に立つでしょう。決められた時間の中で、しっかりと自分の力をつけためにも授業内容の理解は大切です。豊富な知識を持った専門家としての自信が持てるよう学習することが必要です。

おすすめ製菓専門学校関連リンク

第一線で活躍する一流のプロに学べます。

製菓専門学校

新着情報

◎2017/9/5

取得できる資格一覧
の情報を更新しました。

◎2017/8/9

サイトを公開しました